沿革

1980年 5月 ジャスコ(株)(現:イオン(株)) 100%出資により、ミニストップ(株)を設立。
資本金3,000万円。
7月 第1号店「大倉山店」を横浜市に開店。
1号店開店時よりバーコード付オーダーブックと大型コンピュータによるオンライン発注システムを導入。
1981年 4月 首都圏にて、フランチャイズ加盟店の一般公募を開始。
1982年 11月 東海地域への店舗展開を開始。
1985年 5月 店舗数が100店となる。
1986年 3月 ミニストップメンテナンスセンターを設置。
1987年 2月 POSシステム全店導入完了。EOB端末およびディスプレイ画面による発注システムへ変更。
1988年 4月

物流業務強化のため、当社の100%出資によりネットワークサービス(株)を設立。

1990年 2月

公共料金の収納代行サービス開始。

6月

韓国・味元通商(株)(現:韓国ミニストップ(株))とコンビニエンスストア事業展開に関する技術援助契約を締結(11月、1号店開店)。

1991年 12月 「ミニストップ緑の環境推進クラブ」を設立。
「花の輪運動」への協賛開始。
1993年 7月 東京証券取引所市場第二部に株式上場。資本金を41億5,753万3,000円に増資。
1994年 2月 店舗数が500店となる。
9月

資本金を74億9,153万3,000円に増資。

1995年 6月 青森県八戸市のエヌ・ビー・ジー・エムエスネットワーク株式会社と北東北地区で「エリアフランチャイズ契約」を締結。
1996年 1月 長崎県長崎市の(株)ルマックスと「エリアフランチャイズ契約」を締結。
8月 東京証券取引所市場第一部に指定。
1997年 4月 ミニストップ近畿(株)設立。
1998年 3月 2連ソフトクリームフリーザーを導入。バニラ以外のフレーバーのソフトクリームが提供可能となる。
店舗数が1,000店となる。
2000年 3月 MMH-ECサービス(株)を三菱商事(株)、(株)日立物流と共同設立。
フィリピン・ROBINSONS CONVENIENCE STORES, INC.と海外エリアフランチャイズ契約締結。(12月、1号店開店)
6月 上野恩賜公園での清掃ボランティア活動が100回目を迎える。
7月 オンラインショップサイト「e-ministop」オープン。
2001年 3月 ソフトクリームバニラをグレードアップ。
9月 業界初のリアルタイム統合輸送配送管理システムを導入。
12月 マスターリースフランチャイズ契約のパッケージ改定。
2002年 5月 ソフトクリーム売上の1%を「花の輪運動」に寄付することを決定。
6月 学内出店1号店「武蔵野大学店」開店。
11月 東北自動車道初のコンビニとして「鏡石パーキングエリア店」開店。
2003年 3月

ミニストップ近畿(株)を合併。

6月 大象流通(株)(現:韓国ミニストップ(株))を子会社化。
7月 ベルギー王国大使館にてベルギーチョコソフトの発表会。
8月 環境学習バスツアー開催。
9月 ソフトクリームマイスター制度導入。
2004年 2月 店舗数が1,500店となる。
3月 フランチャイズパッケージ「クリエイティブリースタイプ」新設。
「FC契約士」資格認定制度スタート。
4月 ジェイアール四国エムエスネットワーク(株)を子会社化。
6月 環境省主催「CO2削減・百万人の環」キャンペーンに参加。
8月 四国エムエスネットワーク(株)を合併。
上野恩賜公園(東京都台東区)での清掃活動が15年目を迎える。
12月 千葉県全店において千葉の特産品取り扱いを開始。
2005年 2月 小中学生向け職場体験学習「チャイルドインターンシップ制度」開始。
3月 新潟県中越地方産コシヒカリを使ったおにぎりの売上金の一部を新潟県へ贈呈。
5月 e-ministop.comで書籍の取り扱いを開始。
6月 郵政公社(現:郵便事業(株))の「ゆうパック」取り扱い開始。
徳島県に初出店。
8月 「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」を8都県市(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市)と締結。
10月 「セーフティステーション活動」の本格実施。
11月 「花の輪運動」が15年目を迎える。
12月 米作りから挑戦したチルド清酒「久比岐 無濾過生原酒」「久比岐 純米吟醸生原酒」を販売。
2006年 9月 国産材割りばし「5円の木づかい」箸の全国展開開始。
10月 6年ぶりに6代目となるユニフォームへ変更する。
11月 電子マネー拡大展開開始(一部地域より)。
12月 プライバシーマークの取得。
2007年 5月 愛媛県に初出店。全国1都2府24県となる。
国内外店舗数が3,000店となる。
7月 関東1都6県のミニストップ店舗でSuicaの取り扱い開始 。
西日本高速道路(九州自動車道)に「ISM(イズム)直方PA上り店」・「ISM(イズム)鞍手PA下り店」開店。
8月 中日本高速道路(東名高速道路)に日本平PA下り店開店。
9月 「新潟県中越沖地震」被災者支援として柏崎市へ60万円を贈呈。
2008年 3月 ミニストップ全店において、イオンの電子マネー「WAON」の取り扱いを開始。
食品リサイクルループの完成。~店舗から排出される食品循環資源を使って飼育された豚肉を使った弁当を販売~
10月 上野恩賜公園での清掃ボランティア活動が200回を迎える。
11月 「ピープルツリー」のフェアトレード商品を全店で発売。
2009年 1月 中国・青島永旺東泰商業有限公司(青島イオン)と合弁会社「青島迷你島便利店有限公司(青島ミニストップ)」を設立(7月、1号店開店)。
京都市内の店舗にLED照明看板を設置。
3月 木づかい運動推進において、農林水産大臣より感謝状の贈呈。
5月 ドラッグ&コンビニ「ミニストップサテライト」1号店開店。
10月 店内で淹れたコーヒーの提供開始。
12月 国内商業施設初のFSC認証を取得した店舗を開店。
2010年 4月 携帯電話を活用した販促強化のため「お得なケータイサイト」を開設。
フェアトレード応援宣言を実施。
7月 ソフトバンクモバイルの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」の利用開始。
8月 (株)CFSコーポレーション、タキヤ(株)、ミニストップ(株)の3社による合弁会社「株式会社れこっず」を設立。(10月、1号店開店)
九州地区において、(株)ココストアウエストと商品開発および商品調達の協業を開始。
9月 エムエス九州(株)を合併。
四国地区において、(株)スリーエフおよび(株)スリーエフ中四国と業務提携基本契約を締結。
10月 埼玉県と包括的連携協定を締結。
11月 セルフ式コーヒーのブランドをM's STYLE COFFEEへ一新。
愛知県と連携と協力に関する包括協定を締結。
アジアで初めてフェアトレード認証を受けた「バナナ」を関東以北で取り扱い開始。
2011年 1月 コンビニ業界で初めて、バレンタインデー・ホワイトデーに向けた宅配ギフトの承り開始。
iD(アイディ)の取り扱い開始。
2月 株主優待制度に新たにコーヒー無料券を追加。
QUICKPay(クイックペイ)の取り扱い開始。
国産FSC認証材を100%使用し、「太陽光発電システム」「直管型LED蛍光灯」「エネルギーマネージメントシステム」を導入した環境配慮型店舗の展開開始。
3月 ソフトクリームバニラを、10年ぶりに一新。
4月 公式Twitterアカウント開設。
高速道路店舗においてフェアトレードのレギュラーコーヒー発売開始。
9月 国内外店舗数が4,000店となる。
12月 ベトナム社会主義共和国にて1号店開店。
2012年 5月 海外店舗数が国内店舗数を上回る。
8月 インドネシア共和国 PT. BAHAGIA NIAGA LESTARIと海外エリアフランチャイズ契約締結(2013年6月、1号店開店)。
2013年 3月 マルチメディア端末「MINISTOP Loppi」を導入。
2014年 9月 女性をターゲットにした新業態「cisca」を実験店として開店。
11月 「Amazon.co.jp」購入商品の店頭受取サービス開始。
2015年 2月 ソーシャルギフトサービス「MINISTOP e-GIFT」開始。
10月 花の輪運動25年。延べ13,229校の小学校へ337万株の花の苗を贈呈。
12月 国産FSC®認証材を使用した木造店舗が「ウッドデザイン賞2015(新・木づかい顕彰)」受賞。
2016年 2月 国内外店舗数が5,000店となる。
6月 厚生労働大臣認定「えるぼし」マーク取得。