• 企業情報
  • プレスリリース
  • 夏の本命、ついに登場! 味&見た目、まるで「すいか」 「ハロハロ すいか」6/16(金)より順次発売 ~誰もが恋するハロハロ登場~

夏の本命、ついに登場! 味&見た目、まるで「すいか」 「ハロハロ すいか」6/16(金)より順次発売 ~誰もが恋するハロハロ登場~

2017年6月15日

夏の本命、ついに登場! 味&見た目、まるで「すいか」 「ハロハロ すいか」6/16(金)より順次発売

味&見た目、まるで「すいか」

 ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:藤本明裕、以下:ミニストップ)は、夏を連想する食材として人気の「すいか」をイメージした、「ハロハロ すいか(税込:320円)」を、2017年6月16日(金) (※1)より順次、国内のミニストップ(2017年5月末現在:2,233店)にて発売します。
※2017年6月23日(金)より国内のミニストップ全店で発売。

 ミニストップ夏の人気スイーツ「ハロハロ」は、1995年の発売から今年で23年目の夏を迎えています。過去最大数となる7品を発売する今期、これまでに「ラムネ」「フルーツ杏仁」「黒蜜きなこ」「みたらし団子」「ドデカミン」の5品をラインアップし、さらなるファンの拡大を図っています。
 今回発売する「ハロハロ すいか」は、味・見た目ともに「すいか」にこだわり抜いたハロハロです。すいかの「果肉」「皮」はもちろん「種」まで表現し、ハロハロならではの楽しさを表現します。
 「すいかの果肉」をイメージしたゼリーには、本物のすいか果肉を入れ、“シャリッ”とした食感を引き出しています。「すいかの皮」をイメージした緑色のかき氷シロップには、すいか果汁に沖縄県産の塩を加え、甘さがありながらもすっきりとした味わいを実現。さらに、「すいかの種」を表現したココアクッキーをゼリー部分にトッピングするなど、細部まで「すいか」らしさにこだわり抜いたハロハロです。

≪商品情報≫

■商品名:ハロハロ すいか  
■価格:320円(税込)
■発売地区:全国   
■エネルギー:265kcal  
■発売日: 2017年6月16日(金)より順次発売開始  ※2017年6月23日(金)より全国発売
■商品特長
 夏を連想する食材「すいか」をイメージした、見た目から味わいまで「すいか」を楽しむハロハロです。

--------------
すいかゼリー
--------------
すいかの果肉をイメージ。
ゼリーの中に本物のすいか果肉とナタデココを入れ、シャリットした食感を演出。

----------------
すいかシロップ
----------------
すいかの皮をイメージ。
すいか果汁に沖縄県産の塩を加えることで甘みがありながらもすっきりとした味わいを実現。

----------------
ココアクッキー
----------------
すいかの種をイメージ。
赤いすいかゼリーの上にトッピングし、果肉の中にある種を演出。

☆「ハロハロすいか」開発秘話
 「ハロハロすいか」は、味・見た目ともに「すいか」を演出するため、何度も試作を繰り返し発売にいたります。
 すいかは、水分を多く含むためゼリーとして扱いにくい食材です。しかし、食感をだすため果肉を加えることを決定。ゼリーの固さのバランスに加え大変だったのが、すいかに含まれる「種」を取り除くことでした。すいか果肉に含まれる白の種まで工場でひとつひとつピンセットで取り除いています。

《ハロハロとは》

 フィリピンの代表的な“かき氷”を、日本人向けにアレンジした、ミニストップ夏の人気スイーツです。
 24時間以上かけてゆっくりと凍らせ不純物を取り除いた純氷を使用。シャリシャリとした食感が特長です。純氷、
フルーツが入ったゼリーやわらびもち、みたらし団子等となめらかな食感のソフトクリームバニラが織り成すハーモニーは、夏限定の楽しみです。気温が上昇する夏に向け、新たなフレーバーを導入しながら、夏場の暑さを解消するスイーツとして発売します。ハロハロとは、フィリピンのタガログ語で「まぜこぜ」という意味です。

《ハロハロ誕生秘話》

1995年に「パフェ感覚で氷を食べられるデザート」というコンセプトで発売を開始。
 氷を使ったデザートの情報を集めていた際に耳にしたのが、「フィリピンでは色々な甘いものをかき氷に混ぜて食べている」という噂でした。フィリピンの少し高級な店舗では、アイスクリームをのせたハロハロを販売していたこともあり、それをヒントに、ミニストップの人気商品、ソフトクリームバニラを組み合わせた、ミニストップ流のハロハロができあがりました。今では、毎年限定フレーバーを楽しみにされるお客さまも増えています。
ハロハロの過去発売商品は下記よりご確認いただけます。