2019年2月期第1四半期 業績の概況

連結

連結業績

(単位:百万円)

  2017年度
第1四半期
2018年度
第1四半期
営業総収入 51,032 51,287
営業利益 ▲269 ▲544
経常利益 ▲70 ▲259
親会社株主に
帰属する
四半期純利益
▲127 ▲425

連結店舗数

(単位:店)

  2017年度末 2018年
第1四半期末
ミニストップ(株) 2,264 2,244
国内合計 2,264 2,244
韓国 2,501 2,527
中国 65 64
ベトナム 110 118
フィリピン 496 489
海外合計 3,172 3,198
総合計 5,436 5,442
  • 国内および韓国は、2018年2月末、2018年5月末の店舗数になります。
    その他海外各国の店舗数は、2017年12月末、2018年3月末の店舗数になります。

当社は“もっと便利、もっと健康、もっと感動、毎日行きたくなる店舗をつくります。”というビジョンの実現に向け、当社の強みである店内加工ファストフードの新規商品の売り込みと、お客さまニーズに合わせた品揃えの強化に、加盟店と一体となり取り組みました。また、海外事業においては、各国の状況に応じて店舗数の拡大と経営効率化に努めました。
 当第1四半期連結累計期間における連結業績は、営業総収入512億87百万円(前年同期比100.5%)、営業損失5億44百万円(前年同期実績 営業損失2億69百万円)、経常損失2億59百万円(前期同期実績 経常損失70百万円)、親会社株主に帰属する四半期純損失4億25百万円(前年同期実績 親会社株主に帰属する四半期純損失1億27百万円)となりました。

単体

単体業績

(単位:百万円)

  2017年度
第1四半期
2018年度
第1四半期
チェーン全店
売上高
85,731 84,281
営業総収入 18,374 17,993
営業利益 21 ▲283
経常利益 220 66
四半期純利益 37 ▲136

単体店舗数推移

(単位:店)

  2017年度末 2018年
第1四半期末
開店 100 24
閉店 ▲99 ▲44
純増 1 ▲20
期末 2,264 2,244

平均日販・客数・客単価

  2017年度
第1四半期
2018年度
第1四半期
既存店 CVS平均日販(千円) 367 359
FF平均日販(千円) 53 52
合計平均日販(千円) 419 411
平均客数(人) 775 749
平均客単価(円) 541 548
全店平均日販(千円) 416 408
新店平均日販(千円) 400 440

売上総利益率

  2017年度
第1四半期
2018年度
第1四半期
売上総利益率 CVS(%) 28.4 28.3
店内加工FF(%) 52.2 52.0
合計(%) 31.4 31.3
店日売上総利益高(千円) 131 128

当第1四半期連結累計期間におけるミニストップ㈱単体の業績は、営業総収入は204億74百万円(前年同期比98.3%)、営業損失は2億41百万円(前年同期実績 営業利益64百万円)となりました。チェーン全店売上高は前年同期比98.3%となりました。ミニストップ店舗の既存店1店1日あたりの売上高前年比(以下、既存店日販昨対)は、98.0%、店内加工ファストフードの既存店日販昨対は97.5%、コンビニエンスストア商品の既存店日販昨対は98.1%となりました。
店内加工ファストフードのコールドデザート商品は、「練乳いちごパフェ」、「完熟あまおう苺ソフト」、「ハロハロ 果実氷いちご」と、各月に有力な新規商品を投入し、積極的なプロモーション活動を実施しました。ホットスナック商品は、「Xフライドポテト、チキン&チップス各20円引きセール」「Xフライドポテト1.5倍増量セール」「フランクフルト100円セール」等、売れ筋商品の販売促進を実施しご好評をいただきました。コンビニエンスストア商品は、売れ筋商品の発注改善に取り組み、品揃えの充実を図りました。その中でも、サラダの強化に取り組み、売場スペースの拡大、品揃えの拡充を実施し、サラダは前年同期比115.0%となりました。また、米飯類の販売期限延長に取り組み、弁当3アイテムの販売期限を延長し、品揃えの改善を実現しました。なお、昨年より取り組みを開始したイオングループ共通商品は、サンドイッチと冷し中華をリニューアルして販売しました。
販売促進活動は、電子マネーWAONとWAON POINTの利用促進を目的とした販促を中心に実施しました。その中でも、WAON POINTカードにたまったポイントの利用を促進する「ポイントバックキャンペーン」を実施し、ご好評をいただきました。
今後も、当社グループの成長とミニストップブランドの価値向上に向けた取り組みを進めてまいります。株主・投資家の皆さまにおかれましては、引き続きミニストップをご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

決算情報の詳細につきましては、こちらをご覧ください。