2022年5月度売上

2022年5月31日 現在

売上

  • 既存店とは、開店後13ヶ月を経過した店舗のことです。

※この表はスライドできます。

  当月前年比(%) 本年3月~当月前年比(%)
既存店1店1日当り 平均売上高(千円) 414 99.1 410 99.4
CVS前年比 98.5 98.5
店内加工FF前年比 102.9 105.4
客数(人) 665 98.0 652 97.4
客単価(円) 624 101.1 628 102.1
全店1店1日当り 平均売上高(千円) 414 100.0 410 100.2
CVS前年比 99.4 99.4
店内加工FF前年比 103.6 106.1
客数(人) 665 98.7 652 98.0
客単価(円) 623 101.3 628 102.2
全店売上(%) 売上高合計前年比 97.7 98.1
CVS前年比 97.1 97.3
店内加工FF前年比 101.2 103.9

CVS:コンビニエンスストア部門
店内加工FF:店内加工ファストフード部門

  • 新規事業店舗は含まれておりません。

通年での業績表示

2022年5月度報告

概況報告

  • 5月度の全店売上高は前年同月比97.7%となりました。既存店1店1日あたりの売上高前年同月比(以下、既存店日販昨対)は99.1%、コンビニエンスストア商品の既存店日販昨対は98.5%、店内加工ファストフードの既存店日販昨対は102.9%となりました。既存店1店1日あたりの客数前年同月比は98.0%、客単価前年同月比は101.1%となりました。
    外出機会の増加に対応した品揃え強化を図り、コンビニエンスストア部門では、おにぎりや菓子パン、また店内加工ファストフード部門では、串ものやコールドデザートを中心に販売強化いたしました。
  • コンビニエンスストア部門については、おにぎりのいろむすびシリーズから「いろむすび かき揚げ天むす」や、初夏にかけての旬の食材である静岡県産クラウンメロンを使った「メロンクリームロールパン」「しっとりメロンクリームのロールケーキ」の販売が好調に推移し、おにぎり・菓子パンの売上が前年同月の実績を上回りました。
    店内加工ファストフード部門については、ジューシーなソーセージをサクサクな生地で包み、ザクザク砂糖をまぶした「ザクザクドッグ」や、ハロハロシリーズの中でも人気があり、昨年一番売れた「ハロハロ果実氷練乳いちご」の販売が好調に推移し、串もの・コールドデザートの売上が前年同月の実績を上回りました。
  • 5月は27店舗を閉店し、5月末店舗数は1,931店舗となりました。

店舗数の推移

※この表はスライドできます。

  12月1月2月3月4月5月
国内 ミニストップ(株) 1,9711,9651,9591,9581,9581,931
韓国 2,5972,6022,591000
フィリピン 4564550000
ベトナム 120120120120123126
  • 新規事業店舗を含めて表示しております(MINISTOP POCKETを除く)。
  • 韓国の韓国ミニストップ(株)につきましては、2022年3月に当社の全保有株式を譲渡いたしました。
  • 中国の青島ミニストップ有限公司につきましては、解散および清算を決定し、2021年10月で店舗の営業を終了いたしました。
  • フィリピンのロビンソンズ・コンビニエンス・ストアーズ・インク(持分法適用関連会社)につきましては、2022年2月に当社の全保有株式を譲渡いたしました。

店舗数一覧へ

これまでの業績・店舗数の推移