2018年12月度売上

2018年12月31日 現在

売上

  • 既存店とは、開店後13ヶ月を経過した店舗のことです。

※この表はスライドできます。

  当月前年比(%) 本年3月~当月前年比(%)
既存店1店1日当り 平均売上高(千円) 402 96.6 421 98.2
CVS前年比 97.4 98.1
店内加工FF前年比 90.6 99.5
客数(人) 706 95.8 762 97.3
客単価(円) 570 100.8 552 100.9
全店1店1日当り 平均売上高(千円) 401 97.4 419 98.8
CVS前年比 98.2 98.6
店内加工FF前年比 91.2 100.0
客数(人) 704 96.5 759 97.9
客単価(円) 569 100.9 551 101.0
全店売上(%) 売上高合計前年比 95.7 97.9
CVS前年比 96.5 97.8
店内加工FF前年比 89.6 99.2

CVS:コンビニエンスストア部門
店内加工FF:店内加工ファストフード部門

  • 上記売上につきましては、cisca・れこっず店舗の売上は含まれておりません。

通年での業績表示

2018年12月度報告

概況報告

  • 12月度の実績は、既存店1店1日当りの売上高前年同月比は、96.6%(CVS部門97.4%、店内加工FF部門90.6%)となりました。全店売上高の前年同月比は、95.7%となりました。
  • CVS部門では、冷凍食品、洋酒その他、調理パンの分類で昨年を上回りました。
    冷凍食品では、中身が見える冷凍弁当「ピタッと冷凍 オリジナルワンプレートごはん」シリーズを関東地区にて先行導入後、順次取り扱いを拡大しています。洋酒その他は冷蔵RTD(缶入りチューハイ等)の販売が好調でした。
    一方で、ソフトドリンク、乳飲料、雑誌・新聞などが前年を下回ったことで、CVS部門全体では前年を下回りました。
    FF部門では、需要が最盛期となるクリスマスに合わせ骨付きチキン2品20円引きセールや5種20円引きセールを実施したチキンの販売が昨年を上回りました。
    一方で、中華まん、ポテトなどが前年を下回ったことで、FF部門全体では前年を下回りました。
  • 12月末の店舗数は、出店2店、閉店23店、期末店舗数は2,210店(うちれこっず4店、cisca5店)となっております。(前年同月比-51店)

店舗数の推移

※この表はスライドできます。

  7月8月9月10月11月12月
国内 ミニストップ(株) 2,2382,2392,2372,2382,2312,210
韓国 2,5232,5352,5332,5332,5382,533
フィリピン 488492496498498499
中国 707374747475
ベトナム 122120122121120122
  • cisca・れこっずの店舗数を含めて表示しております。

店舗数一覧へ

これまでの業績・店舗数の推移