2018年10月度売上

2018年10月31日 現在

売上

  • 既存店とは、開店後13ヶ月を経過した店舗のことです。

※この表はスライドできます。

  当月前年比(%) 本年3月~当月前年比(%)
既存店1店1日当り 平均売上高(千円) 392 95.7 423 98.6
CVS前年比 95.1 98.3
店内加工FF前年比 100.3 101.0
客数(人) 729 98.5 769 97.6
客単価(円) 537 97.2 550 101.1
全店1店1日当り 平均売上高(千円) 391 96.1 421 98.8
CVS前年比 95.5 98.5
店内加工FF前年比 100.6 101.2
客数(人) 727 98.9 766 97.7
客単価(円) 537 97.2 550 101.1
全店売上(%) 売上高合計前年比 95.3 98.5
CVS前年比 94.7 98.1
店内加工FF前年比 99.7 100.8

CVS:コンビニエンスストア部門
店内加工FF:店内加工ファストフード部門

  • 上記売上につきましては、cisca・れこっず店舗の売上は含まれておりません。

通年での業績表示

2018年10月度報告

概況報告

  • 10月度の実績は、既存店1店1日当りの売上高前年同月比は、95.7%(CVS部門95.1%、店内加工FF部門100.3%)となりました。全店売上高の前年同月比は、95.3%となりました。
  • CVS部門では、冷凍食品、弁当類の分類で昨年を上回りました。冷凍食品では、中身が見える冷凍弁当「ピタッと冷凍 オリジナルワンプレートごはん」シリーズを関東地区のミニストップにて先行発売いたしました。弁当類では、福島県立小高産業技術高等学校の生徒さまと共同開発した「いっしょ食うべ!幸せの恩返し弁当」を、福島県・宮城県にて販売いたしました。他にも、サラダ、ソフトドリンクの分類が昨年を上回りました。一方で、煙草は値上げの影響で前年を下回り、CVS部門全体では前年を下回りました。
    FF部門では、温×冷を楽しむ「フォンダンショコラ」を発売したことにより、コールドスイーツで昨年を上回りました。他にも、11種類のスパイスで漬け込んだ、豊かな香りと辛味の効いた味わいを楽しめる「スパイシー カレーチキン串」を発売したことにより、串ものの分類で昨年を上回りました。
  • 10月末の店舗数は、出店5店、閉店4店、期末店舗数は2,238店(うちれこっず4店、cisca5店)となっております。(前年同月比-17店)

店舗数の推移

※この表はスライドできます。

  5月6月7月8月9月10月
国内 ミニストップ(株) 2,2442,2402,2382,2392,2372,238
韓国 2,5272,5282,5232,5352,5332,533
フィリピン 488488488492496499
中国 676770737474
ベトナム 122124122120122122
  • cisca・れこっずの店舗数を含めて表示しております。

店舗数一覧へ

これまでの業績・店舗数の推移