2017年7月度売上

売上

  • 既存店とは、開店後13ヶ月を経過した店舗のことです。

※この表はスライドできます。

  当月前年比(%) 本年3月~当月前年比(%)
既存店1店1日当り 平均売上高(千円) 454 101.8 429 100.4
CVS前年比   101.1   100.7
店内加工FF前年比   106.8   98.0
客数(人) 831 98.5 794 98.0
客単価(円) 546 103.3 541 102.4
全店1店1日当り 平均売上高(千円) 451 102.0 426 100.5
CVS前年比   101.3   100.8
店内加工FF前年比   107.4   98.5
客数(人) 827 98.8 789 98.2
客単価(円) 546 103.3 540 102.4
全店売上(%) 売上高合計前年比 102.5 100.9
CVS前年比 101.5 101.1
店内加工FF前年比 108.9 99.8

CVS:コンビニエンスストア部門
店内加工FF:店内加工ファストフード部門

  • 「既存店1店1日当り」「全店1店1日当り」の「平均売上高」「CVS前年比」 「客単価」の各項目について、「当月前年比(%)」および「本年3月~当月前年比(%)」は、POSAカードの販売金額を含めて計算しております。
  • 上記売上につきましては、cisca・れこっず店舗の売上は含まれておりません。

通年での業績表示

7月度報告

概況報告

  • 7月度の実績は、既存店1店1日当りの売上高前年同月比は101.8%(CVS部門101.1%、店内加工FF部門106.8%)となりました。
    チェーン全店売上高の前年同月比は、102.5%となりました。
  • CVS部門では、ソフトドリンク、アイスクリーム、冷し麺などの夏物商材を中心に昨年を上回る売上となりました。また、品揃えを強化している惣菜やサラダ、食卓パンなどの分類が引き続き好調に推移しております。おにぎり100円セールを実施したほか、WAONカード・WAON POINTカードを中心とした販売促進を展開し、弁当や菓子パンなどにボーナスポイントを付与するキャンペーンなどによって各カテゴリーの売上を押し上げました。
    FF部門では、スライスしたフローズンいちごを使用した新商品「ハロハロ 果実氷いちご」の販売好調によりコールドデザートが売上を牽引しました。また、アイスカフェラテが好調なコーヒー類やポテト類、チキン類なども昨年を上回る売上となりました。
  • 7月末の店舗数は、出店14店、閉店9店、期末店舗数は2,255店(内れこっず4店、cisca4店)となっております。(前年同月末比26店増)

店舗数の推移

※この表はスライドできます。

  2月 3月 4月 5月 6月 7月
国内 ミニストップ(株) 2263 2266 2244 2244 2250 2255
韓国 2362 2368 2384 2394 2396 2401
フィリピン 493 493 492 493 491 490
中国 63 63 63 63 63 63
ベトナム 73 75 76 79 84 84
  • cisca・れこっずの店舗数を含めて表示しております。

店舗数一覧へ

これまでの業績・店舗数の推移