ミニストップでは、取締役をはじめ、当社グループ全構成員の職務の執行が法令および定款に適合し、当社グループ全体における業務の適正を確保するため、内部統制システムの構築についてを定め、以下の体制について整備・充実を図っています。

  1. 1.取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
  2. 2.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
  3. 3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
  4. 4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
  5. 5.当社ならびに親会社および子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
  6. 6.財務報告の適正性を確保するための体制
  7. 7.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
  8. 8.監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性に関する事項
  9. 9.監査役の職務を補助すべき使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
  10. 10.監査役への報告に関する体制
  11. 11.監査役へ報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
  12. 12.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項
  13. 13.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

リスク管理

リスク管理体制

ミニストップでは、内部統制担当役員がリスク管理を統括し、グループ全体のリスク管理体制の整備と問題点の把握に努め、進捗状況を確認し、取締役会および内部統制システム委員会に報告を行います。
また、内部統制担当役員は、想定されるリスクに応じた有事の際の迅速かつ適切な情報伝達と緊急体制を整備するとともに、リスク管理上の問題点が発見された場合の報告を速やかに行う体制(レポーティング・ライン)を構築しています。
さらに、危機管理委員会を設置し、グループ全体のリスク管理に必要な体制の整備を行うとともに、グループ経営に大きな影響を及ぼす危機に関しては、継続して危機管理委員会がこれにあたります。

コンプライアンス

コンプライアンス・ポリシー

ミニストップでは、コンプライアンスを法令・社会規範などの順守だけでなく、『イオン行動規範』に基づいて『お客さま中心』という理念で革新に取り組んでいくことの実践と位置づけ、コンプライアンスおよびリスク管理体制を整備しています。
ミニストップグループ全構成員が、倫理や社会ルールに基づいて業務を遂行できる環境を作るため、「イオン行動規範」をはじめとする教育・研修、コミュニケーション機能・モニタリング活動を有機的に関連させながらPDCAサイクルを回し、高い倫理観で成り立つ「お客さま中心」の活動を目指します。

(1)責任の自覚

ミニストップは、企業としての社会・公共に対する責任を自覚するとともに、全構成員に、責任の自覚に基づく「イオン行動規範」にそった行動を求める。

(2)業務運営における法令順守

ミニストップは、社会の一員として、自覚した責任を全うするために、法令および社会規範を順守し、誠実かつ公正な業務運営を行うものとする。

(3)コンプライアンス体制の整備

ミニストップは、コンプライアンス・ルールの制定と責任者の明確化により、法令順守を保証するための体制を構築するものとする。

(4)問題点の是正と管理の改善

ミニストップは、コンプライアンス・ルールの適時・適切な見直しにより問題点を是正し、継続的にコンプライアンス管理の改善を図るものとする。

(5)コンプライアンス重視のカルチャー

ミニストップは、企業コンプライアンスが、構成員一人ひとりの自覚と実践により実現することを理解し、全構成員に対する「イオン行動規範」をはじめとする教育・研修に注力し、コンプライアンス重視のカルチャー浸透を図るものとする。

(6)グループ会社との連携強化

ミニストップは、グループ会社にもコンプライアンスおよびリスク管理の責任者を設置し、その代表者がコンプライアンス委員会および危機管理委員会に出席するなどして、ミニストップグループとして情報と知識の共有を進めるとともに、「イオン行動規範」の教育・研修によって構成員の意識向上を図り、ミニストップの監査部門によるグループ会社の業務監査等を通じて、コンプライアンスおよびリスク管理体制の整備・改善の指導・援助を図るものとする。

(7)内部監査の実施

ミニストップは、「コンプライアンス・ポリシー」の順守状況を内部監査により定期的に点検するものとする。

コンプライアンス推進体制

ミニストップでは、内部統制担当役員がコンプライアンス管理を統括し、グループ全体のコンプライアンス体制の整備と問題点の把握に努め、進捗状況を確認し、取締役会および内部統制システム委員会に報告を行います。
また、内部統制担当役員は、コンプライアンス上の問題点が発見された場合の報告を速やかに行う体制(レポーティング・ライン)を構築しています。
さらに、コンプライアンス委員会を設置し、グループ全体のコンプライアンス管理に必要な体制の整備を行います。

通報・相談窓口「イオン行動規範110番」

従業員のヘルプラインとして、「イオン行動規範110番」を設置しています。法令違反や不正などの通報にとどまらず、「上司に話せないこと」「困っていること」など現場に関わる様々な問題に対応する窓口として、イオングループで働く全ての従業員から通報・相談を受け付けています。 レポーティング・ライン、経営監査室による内部監査の結果報告、または、「イオン行動規範110番」により報告・通報を受けたコンプライアンスに関する情報については、その内容を調査し、再発防止策を実施しています。

コンプライアンス教育

ミニストップでは、全構成員に対し、コンプライアンスに関する研修、マニュアルの整備等により、コンプライアンスに関する知識を高め、コンプライアンスを尊重する意識を醸成しています。