廃棄物の排出量とリサイクル率

店舗から出る廃棄物の排出量を減らすとともに、ビン、缶、ペットボトル、紙のリサイクルについては各自治体の法規に準じて適正に処理しています。

1店舗あたりの年間一般廃棄物排出量
1店舗あたりの年間廃棄物排出量の内訳

食品リサイクルの取り組み

ミニストップの食品リサイクルには、弁当などのリサイクルと、創業以来実施しているファストフードでの使用済み食用油のリサイクルの2つのリサイクルのシステムがあります。

1.食品廃棄物のリサイクル

ミニストップの考えと行動

ミニストップでは、お客さまを第一と考え、品揃えに努めながら、廃棄を極力減らすよう発注管理を厳しく行っています。しかし、食の安全・安心の確保と予測不能な天候などの影響から、やむを得ない食品の廃棄が出てしまいます。これらの食品廃棄物をどうにか「資源」として有効活用することはできないか考え、ミニストップでは、業界に先駆けて1998年(食品リサイクル法施行の3年前)から、販売期限切れ食品を堆肥化する数々の実験と検証を繰り返してきました。
その後、畜産農家の飼料需要が増加したこともあり、2004年から販売期限切れの弁当などを家畜の飼料にする取り組みも始め、現在では地域により「飼料化」「堆肥化」「バイオガス化」を実施しています。

持続可能な取り組みに向けて

食品リサイクルが持続可能な形で行われるためには、食品リサイクルから作られる飼料やたい肥が高い品質であるとともに、食品廃棄物を極力減らした上での事業性を踏まえた安定供給が求められるという複雑な状況をクリアする必要があります。
現在は、食品残さ由来の飼料や堆肥の生産費用や法規制上の収集運搬の問題で、まだ実施地域が限られていますが、今後も順次、実施エリアの拡大、実施店舗の増店に努めていきます(2015年現在、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、岐阜県、茨城県で実施中です。)

クリアすべき課題

現在、食品リサイクル法では、食品リサイクルの実施地域拡大のため、広域での連携(自治体の越境)の必要性を認め、食品廃棄物運搬の規制緩和や、リサイクルループ構築に向けた事業計画の認可制度などの特別措置法を設けています。
こうした法規制のもとでは、事業枠組の確立と適正な実地規模が必要となります。そこで、ミニストップでは、イオンのグループ企業と連携して、適正な実施規模の確立を目指しています。こうした連携は現在の食品リサイクルの課題である食品廃棄物の回収とたい肥化・飼料化の費用を抑え、今後の取り組みを推進するものと考えています。

食品リサイクル年表

1998年 業界に先駆け食品リサイクルへの取り組みを開始。
2004年 食品残さ由来飼料の製造を開始。
2008年 食品残さ由来飼料で飼育された豚の肉をメンチカツの具にした「メンチカツ弁当」を販売。
2009年 飼育された豚のふんをたい肥化し、契約農家の米栽培に利用。
2010年 豚ふんから作った肥料を、久比岐酒米の栽培に利用。
2011年 アリタさんちの豚ふんと野菜くず・チップで醗酵させた有機堆肥とホタテの貝がらの3種混合有機堆肥の製造に成功。フードリサイクルを認定。山形、新潟の一部の田んぼに散布し、食米と酒米を生産。環境配慮型農業に着手。
2015年 食品リサイクル実施店舗数320店。

2.使用済み油のリサイクル

1店舗あたりの年間使用済み油排出量

1980年の創業以来、ファストフード製造時に出る使用済み油を、委託業者を経てほぼ100%、家畜飼料、石けんやインクにリサイクルしています。

レジ袋・割りばしのお渡し量の削減

「5円の木づかい」箸

コンビニエンスストアの業態特性として、電子レンジで温めた弁当・惣菜等の商品提供が多いことや、立ち寄りによる買い物が中心であることを考慮し、従来から実施しているお客さまへの声かけを基本とした取り組みの徹底を図ります。
具体的には、積極的な「一声運動」を通じて、レジ袋が不要なお客さまにご協力をお願いすることによるレジ袋の使用削減や、レジ袋の薄肉化、適正サイズの利用徹底をすすめるとともに、お客さまへのキャッシュバックなどの試験的な仕組みも実施しており、さらなるレジ袋の削減に向けた取り組みの強化を進めていきます。
また、お箸に関しても、「お箸はご入用ですか?」とお声かけし、無駄なお箸の提供を減らすとともに、「木づかい運動」などの活動を通して、森林資源の持続的利用を推進しています。

1店舗当たりの年間レジ袋使用枚数および使用重量

※この表はスライドできます。

年度 2012 2013 2014 2015 2016
使用枚数 215,824枚 222,496枚 208,360枚 200,874枚 203,217枚
使用重量 669kg 647kg 627kg 614kg 621kg

建築廃材のリデュース・機器のリユース

一部店舗の建築時には建設条件が合う場合、工場で製作したユニットを現場で組み立てる工法を採用し、廃材の発生を抑えています。また、ユニット仕様のため再利用が可能です。
店舗改装・閉店時には、備品などをミニストップリペアセンターへ集めて修理再生、店舗で再利用しています。