最新CSRレポート

CSRレポート2017

2017年度版は、ミッションに掲げている「おいしさ」や「便利さ」「笑顔あふれる社会」の実現に向けたミニストップの考えや取り組みについて紹介しております。
2016年度版に引き続き、お客さま、加盟店オーナー、地域社会、そして従業員を笑顔にするために取り組んでいることを、一例を交えながら表現しました。
これらの取り組みを通じて、お客さまから笑顔をいただくことが私たちの原動力となり、ミニストップのミッションである笑顔あふれる社会を実現できると私たちは確信しています。

CSRとは、Corporate Social Responsibilityの略で、一般には「企業の社会的責任」と訳されますが、組織の活動が社会に与える影響に対する責任のことで、利害関係者の期待に配慮して持続可能な発展に貢献することです。

CSRに対する考えや取り組みのうち、ミニストップが大切に思う、重要性の高い内容を中心に毎年、「ミニストップCSRレポート」を制作しています。

バックナンバー

  • CSRレポート2016

    2016年度版は、ミッションに掲げている「笑顔あふれる社会」の実現に向けたミニストップの考えを紹介しております。お客さま、加盟店オーナー、地域社会、そして従業員を笑顔にするために取り組んでいることを、一例を交えながら表現しました。
    これらの取り組みを通じて、お客さまから笑顔をいただくことが私たちの原動力となり、ミニストップのミッションである笑顔あふれる社会を実現できると私たちは確信しています。

  • CSRレポート2015

    2015年度版では、2014年度版に引き続き、ミニストップがビジョンとして掲げる「もっと便利、もっと健康、もっと感動、毎日行きたくなる店舗をつくります。」について、一例を交えながら表現しました。
    これらの取り組みを通じて、お客さまから笑顔をいただくことが私たちの原動力となり、ミニストップのミッションである笑顔あふれる社会を実現できると私たちは確信しています。

  • CSRレポート2014

    ミニストップがビジョンとして掲げる「もっと便利、もっと健康、もっと感動、毎日行きたくなる店舗をつくります。」について、一例を交えながら表現しました。
    これらの取り組みを通じて、お客さまから笑顔をいただくことが私たちの原動力となり、ミニストップのミッションである笑顔あふれる社会を実現できると私たちは確信しています。

  • CSRレポート2013

    お客さまのお手元に商品が届くまでに私たちが行っているさまざまな取り組みについてお伝えします。商品設計から原材料の生産、加工、販売・接客の各過程を通して、いかに安全・安心を実現し、商品の価値を高めているかを表現しました。
    これらの取り組みを通じて、お客さまから笑顔をいただくことが私たちの原動力となり、ミニストップのミッションである笑顔あふれる社会を実現できると私たちは確信しています。

  • CSRレポート2012

    お客さまの声を掲載し、お客さまにご満足いただくために加盟店、本部それぞれが果たす役割をお伝えすることで、笑顔をつないでいく活動の一端をご紹介しています。
    「コーヒー」「スイーツ」「おにぎり」を通じてお客さま評価No.1獲得するというビジョン、そしてその先にある、“私たちは、「おいしさ」と「便利さ」で、笑顔あふれる社会を実現します。”というミッションに対し、一人ひとりがどう考え、取り組んでいるかを表現しました。

  • CSRレポート2011

    中期的な目標としてビジョンで掲げた「コーヒー」「スイーツ」「おにぎり」の3商品群に対して、どのように考え、取り組んでいるかを通して、ミニストップのミッション、ミニストップのCSRについてお伝えしています。

  • CSRレポート2010

    創業30年を迎え、新たに企業ミッションを再定義したミニストップが考えるCSRや、商品を通じてお客さまと一緒に「笑顔おふれる社会の実現」を目指すフェアトレードへの取り組みについてお伝えしています。

  • CSRレポート2009

    地球温暖化に関するミニストップの考えや取り組み状況を様々な切り口から掲載しました。また、社会性報告ではフェアトレード商品の販売に対する考えや歩みについて1ページを割いてお伝えしています。

  • CSRレポート2008

    「『フェアトレード』心と心のつながりを求めて」では、2007年度の社長座談会後の活動を報告しています。
    また社長座談会では「イキイキ、楽しい働き方を考える」と題し、業務改革について話し合いました。

  • 環境社会報告書2007

    社長座談会では「『チョコレートの安全性』を考える」をテーマに、NPOも交えて話し合いました。
    またミニストップが大切に思う取り組みである「食の安全を求めて」では、ソフトクリームができるまでを特集しています。

  • 環境社会報告書2006

    座談会では、現在取り組んでいる活動を振り返りながら改めて地域におけるコンビニの役割について、社長がお客さま、専門家、加盟店オーナーと話し合いました。
    またミニストップが大切に思う取り組みとして、「地域とのつながり」と、「食の安全を求めて」を特集しています。

  • 環境社会報告書2005

    商品づくり、お店づくりにこだわり、差別化していくためには何が必要なのか、お客さま、加盟店、専門家、先進企業の担当者さまにお集まりいただきご意見をうかがったステークホルダーミーティングの様子を掲載しています。

  • 環境社会報告書2004

    食の安全をについてお客さまや加盟店、社長らと話し合い、ミニストップの考えをお伝えしています。また、フランチャイズチェーンとしての社会的責任にも触れています。

  • 環境社会報告書2003

    加盟店オーナーと社長との座談会の模様を掲載。ミニストップ21や社会活動について初めて掲載し、サスティナビリティ(持続可能性)レポートへの第一歩を踏み出しました。「製品責任(GRIガイドラインのPR1顧客の安全性)」についても掲載しています。

  • 環境報告書2002年度

    初めてのお客さま・社長座談会での双方のメッセージや、商品がお客さまの手に渡るまでのフロー、ISO14001認証取得に対する考え・組織図、お客さまを代表したNGOの「コンビニ調査」の提案に対する、ミニストップの考えを掲載しました。

  • 環境報告書2001年度

    わかりやすく、読みやすいものをめざし、P2~P7までミニストップの2000年度の環境活動をダイジェストとしてまとめ、P8以降に環境活動の詳細についてご紹介しています。

  • 環境報告書2000年度

    創業20周年を機に環境報告書の発行を始めました。1999年の主な活動とその成果を中心に、これまでの活動のあゆみや今後の取組みなどについてご紹介しています。

過去のCSRレポートを見る閉じる

送付をご希望の方へ

ミニストップの「CSRレポート[日本語版]」の冊子を送付ご希望の方は、下記リンク先(エコほっとライン)からお願いします。
なお、英語版(English)は冊子での配布を行っておりません。

環境報告書配信サービス「エコほっとライン」

エコほっとラインは、「多くの方に環境社会報告書を読んでもらいたい」「読者の声を聞きたい」という担当者と、「環境社会報告書を簡単に請求したい」「環境活動について質問や提案をしたい」という読者の皆様の声にお応えする環境社会報告書・CSRレポートの無料請求サイトです。