レジ袋無料配布中止の実験開始

ミニストップらしさを機動力に環境問題への取り組みを推進

ミニストップは2019年6月24日より “レジ袋無料配布中止の実験”を「ミニストップイオンタワー店」と「ミニストップ イオンタワーアネックス店」の2店舗で開始しました。

近年、石油資源の枯渇やプラスチックごみが焼却される際の温室効果ガスの発生、河川などに廃棄されることによる環境汚染等が世界規模の問題となっています。こうした中、ミニストップはイオングループの一員として「サステナビリティ基本方針」にある1. 脱炭素社会の実現 2. 生物多様性の保全 3. 資源循環の促進を推進しています。プラスチックの主な原料となる石油は化石燃料なので、焼却後に生じる二酸化炭素が地球温暖化の原因となります。また焼却されずに海や河川に廃棄されてしまった場合、生物への多大なる影響も取り沙汰されています。私たちは環境保全活動の一環として、従来プラスチック使用の削減を進めてきましたが、プラスチック製品の約5割がレジ袋であるということも鑑み、またこの取り組みがサステナビリティ基本方針に沿った包括的な対応となることから、この実験を始めました。

CSRで大切なことは、環境課題の解決だけにとらわれるのではなく、あらゆるステークホルダーへの影響を総合的に考慮するとともに、会社の持続的成長を果たす経済合理性も伴われていることです。本取り組みもこの観点から推進してきました。レジ袋の定義も曖昧な状況からスタートし、さまざまな課題を一つ一つ解決していく過程においても、レジ袋を有料化することによる売り上げへの影響は想定していました。同様の取り組みはイオングループ複数社で開始しています。先に開催されたG20大阪サミットで論議されたプラスチックごみ規制、政府のレジ袋有料化の表明など内外の動きが活発化する中、組織的に環境課題に取り組むこと、ミニストップがコンビニエンスストアとしていち早く実験を開始することに意義があると考え、「イオン行動規範宣言」にある“変革への挑戦”を機動力とすることで、実験開始へとつなげることができました。

今回の取り組みでは、お客さまに買物袋等持参のご協力を呼びかけるとともに、レジ袋を必要とするお客さまには、バイオマス10%含有のレジ袋(1枚3円)をご提供します。レジ袋有料化の運用には、あらゆる検証を経て各店舗のオーナーさまにもこの取り組みを理解していただくことが必須です。この2店舗での実験結果を踏まえ、2020年2月までに約40店舗での実験拡大を予定しています。今後も私たちの取り組みが、お客さま、オーナーさまをはじめとするステークホルダーの方々にとって環境について考えるきっかけとなり、環境保全活動への参加につながっていけば良いと考えています。

  • 主にサトウキビの搾りカスを原料とする植物由来ポリエチレンを10%配合したレジ袋

他の特集