イオンの理念に基づくCSR活動を推進

イオンは、社会環境や経営環境の変化に対応しながらサステナブル経営をさらに前進させていくために、CSR活動と事業活動が一体化したCSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)の実現を目指しています。そして、2020年までにより多くの取り組みが目指すレベルに到達するために、7つの分野にて13の活動項目からなる「ビッグチャレンジ2020」を掲げています。
「ビッグチャレンジ2020」は、「持続可能な開発目標(SDGs)」の採択、気候変動枠組条約締結国会議(COP21)にて合意された「パリ協定」などの国際情勢を踏まえ、社外有識者とのダイアログを通じて設定されています。

ミニストップにおいても、イオンの一員として「ビッグチャレンジ2020」で掲げられた7つの分野にて環境課題と社会課題を捉え、CSR活動を推進しています。

事業を通じて環境・社会課題に取り組む